メニュー

コロナワクチン接種可能です(接種券お持ちの方が対象)

コロナワクチン接種を開始しました。
ファイザー社(コミナティ)を採用しております。

お住いの自治体から、「接種券」を郵送された方が対象になります。詳細は下記をご覧ください。
コロナワクチン接種に関して当院へのお電話によるお問い合わせ(予約や変更 含む)は承っておりません。

 

対象者と予約について
対象者
  :接種券の有効期間に入った方(大田区の定める予約・接種可能期間に入ると予約可能です)
優先者  :大森整形外科にかかりつけの方(=当院の診察券をお持ちで、3か月以内に受診歴のある方。新患の方でも一度受診歴がある方はかかりつけとなります

予約方法(対象お住い別)
大田区にお住まいで、かかりつけの方ネット予約 or コールセンター予約)
◎大田区以外にお住まいで、かかりつけの方住所地外接種届申請(郵送)後→申請受理→コールセンターにて接種番号登録→翌日からネット予約可能)
<大田区以外の手順>
①接種券を準備の上、大田区に上記申請「住所地外接種届」を行い、「住所地外接種届出済証」を取得する。
②大田区新型コロナワクチン接種コールセンターへ電話し、予約番号の登録を依頼することで、予約番号登録の翌日から予約可能となります。

ワクチン :当院はファイザー社(コミナティ)のみ取扱い
接種開始 :2021/06/12(土)~(予約開始は2021/06/01 8:30~)
ワクチン接種事業主:大田区(区の指示により受託事業として行っており、事業者は当院ではありません。お問い合わせは大田区へお願いします。)
今後のワクチン供給について:大田区や国からのワクチン供給の削減に伴い、接種枠が減る場合や接種自体が中止になる場合もございます。その場合、当院では対応できませんので、ワクチン接種事業主であるお住まいの自治体にお問い合わせ下さい。

 

ネット予約方法
ログイン=下記大田区予約サイトから、接種券番号10桁と生年月日(パスワード扱い)を入力(大田区以外の方は上記手続きにて16桁となります)
接種会場“大森整形外科”を選択し、希望日時は1回目、2回目それぞれ指定可能です。
なお、1~2回目の間隔は、3週間きっかりではなく、それ以上数週程空いても接種可能ですのでご安心ください。
接種枠はワクチンの入荷情報が入り次第、増減します。枠が空いてもすぐに埋まってしまう状況ですので、随時下記予約システムにてご確認下さい。
予約先  :大田区コロナ予約受付システム

 

コールセンター予約方法:電話での予約にも対応しておりますが、電話集中により非常につながりにくいです。
大田区新型コロナワクチン接種コールセンター⇒ 03-6629-6342 “大森整形外科”を指定して下さい。

 

<当院でコロナワクチン接種を受ける皆さんへのお願い:来院前に必ずご一読ください>

必須書類を忘れずにご持参下さい①保険証(本人確認&診療記録用)、②接種券(封筒内容全て)③予診票(ご自宅で事前に記入を!)

先着順ではありません!!
●早めに来院しないでください。予約時間前には中に入れません
●午前は9:20すぎ頃/午後は14:20すぎ頃、スタッフが1階へお迎えに行くまで中に入れません。
●通行の邪魔にならない壁側で待機をお願いします。当院は4階です。3階他院の患者さんの通行を塞がないでください。
階段は使えません。他院(3F小児科・内視鏡科)や他テナントへ入らないで下さい!
接種予約者全員が揃ってから接種を始めます。午前は9:30/午後は14:30までには御来院ください。所要時間は1時間程です(接種後経過観察の待機時間あり)。
2日前からキャンセルできません。以降のキャンセルや無断キャンセルは貴重な医療資源であるワクチン廃棄に繋がりますので絶対におやめ下さい。体調が不安な方は、事前に後日へ予約変更をお願いします。
●接種券をお忘れになると接種できません。紛失した方は大田区役所本庁舎(JR蒲田駅東口前)で事前に再発行が可能です。
●身軽にお越しください。接種スペースの関係上、車いすの方や歩行器が必要な方はお受けできません。別会場に予約変更をお願いします。
●ワクチン接種に付き添いの方は中に入れません。1Fビル外にてお待ちください。

●当院は大田区の依頼により接種を行っており、直接お電話による予約やお問い合わせに応じられません。
大田区コールセンターにお問い合わせください。
接種まえ問合先:03-6629-6342
●接種後の副反応(発熱や痛み等)の相談は、
「東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター」で承ります。
接種あと問合先:03-6258-5802
受付時間:24時間対応(土日祝日を含む毎日)

 

100年に一度といわれるパンデミックであるコロナウィルス流行に対処するため、
大森整形外科は公衆衛生を守る立場から、地域医療の一環として、積極的に感染者増加予防に寄与して参ります。

 

大森整形外科

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME